個数や大きさによって治療方法も様々。しっかり適切な処置を受けましょう

気になる場合には

女性

効果と仕組みを理解する

首や顔の比較的目立つ場所に、いぼができてしまうことがあります。目立たないけども、たくさんの数のいぼができてしまう場合もあり、そのまま放置しておくと増え続けるのではないか、あるいは大きくなってしまうのではないかと心配する人も多いはずです。このような場合には、美容整形外科クリニックに行き、適切な方法で手術をしてもらうのが1番になります。このときの効果は、なんといっても伝染するタイプのものを未然に防ぐことができる点です。伝染するタイプのいぼは、このまま放置しておくと増え続ける可能性があるだけでなく、大きさが大きくなる可能性も否定できません。このような場合には、早めに手術をして処置を施すのが1番妥当な結論といえます。後は、いぼそのものがなくなる事もそうですが、これによりコンプレックスをなくすことができる点です。人は誰でもコンプレックスがありますが、顔や目立つ所などにできものができていると周りの人は気にしていないのに、本人はすごく気にすることがあるでしょう。このような時に、コンプレックスの原因を解消するようなことができれば、それ以降明るく生きることが可能になります。さらには、専門の医師が行っていますので再発しにくいと言う効果も期待できます。

美容整形外科などで、プロの先生によっていぼ手術をする場合、仕組みとしてまず十分なカウンセリングを行います。カウンセリングといっても、二重にしたりボトックス注射を打つ場合と異なり、そこまで綿密に打ち合わせをしないことの方が多いです。ましてや、別室に行き医師と患者だけで話し合うようなこともあまりありません。大抵の場合は、診療室でその日の手術方法などの説明を受けることになるでしょう。費用の仕組みを見ると、保険が効くかどうか気になるところでしょう。保険が聞けば、患者の方が3割負担で済みますので残りの7割は自分で負担しなくても良いことになります。ところが、保険が効かないならば10割負担ですので割と大きな負担になり得るでしょう。実は、保険が適用されるかどうかは、施術方法やいぼの状態によって変わってくるところです。例えば、レーザーによる治療を行う場合は基本的に保険が適用されませんので10割負担になるでしょう。これに対して、メスを入れる場合には3割負担になります。つまり、保険が適用されることになるでしょう。後は、悪性の腫瘍のようなものができている場合にも、保険が適用されることがほとんどになります。この場合の施術方法は、電気メスなどで行うことが多くなります。