個数や大きさによって治療方法も様々。しっかり適切な処置を受けましょう

再発を防ぐために

女性

短期間で治す

いぼはそのまま放置しておいても良いものもありますが、服を着るときに引っかかったりする場合もあります。またウイルス性いぼの場合はウイルス感染で増えて行ってしまうので、自分の肌の表面にたくさんのいぼができてしまうこともあります。また他者がそこに触れるとウイルスに感染させてしまうこともあり、症状どんどん広がっていく可能性も否定できません。そこで治療法として手術がありますが、基本的にはレーザーや電気メスを利用する方法が一般的には取られています。いぼには根があり、それを取り除かなければ再発する可能性が高まるので、しっかりと取り除くことができる手術は、非常に注目を集めています。手術の特徴はその部位に合わせた方法がとられているということですが、もう一つ、治療期間の短縮にもつながります。すでにできているものを除去するので、傷跡さえ治ればあとは何度も通院為る必要もありません。だから、完全にいぼを取り除いて再発しづらい状態にできるというだけでなく、実際には患者の負担も軽くなるというメリットがあります。また傷跡自体は出来るだけ目立たないようにケアしてもらえるので、手術によって傷跡が残るのではないかと心配する必要はまずないのもメリットの一つだと言えます。

いぼ手術を受けたい場合は、風邪の時のように病院に行けばすぐに対応してもらえるというわけではありません。手術を受ける際はその術式に関する説明を受け、さらに契約書にもサインして万全の体制で臨むことになります。また一言でいぼといっても、色々な状態になっているので、全て同じ対応で良いとは限りません。またもしかしたら悪性のものである可能性もあるので、まずは検査を行い、良性か悪性かを判断してから手術へと進みます。したがって、事前に診察を受け、さらに検査を受けていぼの状態をしっかりと見てもらうために病院の方に予約を取ります。診察・検査を受けて手術を行うと決まったら、その日の予約を直接病院の方で行い、あとは当日を待つのみです。申し込みに関しては、自宅に戻ってから電話、インターネットなどを利用して行うこともできますが、もちろん病院に行ったときに直接窓口で行ったとしても問題はありません。また、美容整形外科で手術を受ける場合は、色々な方法でアプローチすることができるようになっています。したがって、申し込みをする際はできるだけ自分の希望を病院側に伝えておくと、患部だけでなく本人の考えにも合った方法で除去してもらいやすくなります。